羽黒山五重塔

カナはぐろさんごじゅうのとう
住所・保管場所山形県鶴岡市羽黒町大字手向
お問い合わせ月山神社
関連URL
  • 国宝
  • 1966(昭和41)年に国宝に指定。

    平安時代(903~940年)、平将門の創建と伝えられる東北最古の塔です。

    現在の塔は、約600年前に当時庄内の領主であった武藤政氏が大修復を行ったものといわれています。

    高さが29.4メートルの杮(コケラ)葺きの三間五層の素木造です。

    本来は仏舎利塔としてお釈迦様の骨を納めるための塔でしたが、この塔には観音様が祀られていました。

    現在は大国主命(オオクニヌシノミコト)を祀っています。

    近くには樹齢1000年、樹の周囲10メートルの国の天然記念物に指定されている「爺杉」や、樹齢350~500年の国の特別天然記念物の杉並木があります。